WORKS

施工事例

木造施設建築 その他
一覧へ戻る

住宅品質保証㈱新社屋

埼玉県越谷市  2020.11.6.
  • 通り沿いのファサードをガラス張りとすることで、木でできたビルを直感的に認識できるようにした。

    通り沿いのファサードをガラス張りとすることで、木でできたビルを直感的に認識できるようにした。

  • 1階エントランスホール。住宅用一般流通材の450mm以下の梁を2段以上積み重ねることで、600mm以上の断面を確保した重ね繋ぎ梁を使用。

    1階エントランスホール。住宅用一般流通材の450mm以下の梁を2段以上積み重ねることで、600mm以上の断面を確保した重ね繋ぎ梁を使用。

  • 合せ柱を現しとした3階フリーラウンジ(多目的室)。

    合せ柱を現しとした3階フリーラウンジ(多目的室)。

  • 3階事務室。CLT構造壁と合せ柱が並ぶ。

    3階事務室。CLT構造壁と合せ柱が並ぶ。

  • 3階執務室。住宅用105mm角の集成材を9本集束させた合せ柱は、60分以上の耐火性能を確保。CLT耐力壁の引き抜き力は両脇のタイダウンで負担している。

    3階執務室。住宅用105mm角の集成材を9本集束させた合せ柱は、60分以上の耐火性能を確保。CLT耐力壁の引き抜き力は両脇のタイダウンで負担している。

  • 通り沿いのファサードをガラス張りとすることで、木でできたビルを直感的に認識できるようにした。
  • 1階エントランスホール。住宅用一般流通材の450mm以下の梁を2段以上積み重ねることで、600mm以上の断面を確保した重ね繋ぎ梁を使用。
  • 合せ柱を現しとした3階フリーラウンジ(多目的室)。
  • 3階事務室。CLT構造壁と合せ柱が並ぶ。
  • 3階執務室。住宅用105mm角の集成材を9本集束させた合せ柱は、60分以上の耐火性能を確保。CLT耐力壁の引き抜き力は両脇のタイダウンで負担している。
  • 前の写真へ | 次の写真へ

detail

所在地
埼玉県越谷市
用 途
事務所
構 造
木造軸組工法
規 模
3階建て
竣工日
2020年3月7日
敷地面積
895.81㎡(270.98坪)
延床面積
1726.05㎡(522.12坪)
施 工
ポラテック㈱
設 計
ポラテック㈱

ポラスオリジナル構造部材とCLTの活用でオフィスに木のやわらかさをもたらす

住宅品質保証(株)新社屋『テクノキューブ』は、木造住宅などに使われる一般流通材と住宅用プレカット加工機の利用によるオリジナル構造部材『合せ柱』『重ね繋ぎ梁』とCLTを耐力壁として使用した木質構造による3階建てのオフィスビルです。

隣接するポラテック㈱本社ビル『ウッドスクェア』と同様に、外壁の一部をカーテンウォールとして、本来隠れてしまう部分を積極的に見せるファサードとすることで、《木でできたビル》を直感的に認識できるようにしました。

住宅用の一般流通材を使用したオリジナル工法は、生産ラインや部材の確保によるコスト削減や、工期、搬入経路の課題を解決しております。

< この事例をご覧の方にはこちらもオススメ >

保育園

看護小規模多機能型居宅介護事務所

教会

動物病院兼用住宅

障がい者グループホーム

特別養護老人ホーム

家のつくり方からつくり

ポラテックポイントシステム
ポラテックグループ
page top